根岸S&シルクロードS 結果

東西メインダブル本線的中!
根岸S 2点大本線的中!&シルクロードS本線的中!


根岸ステークスは連軸ガンジスから2点相手本線馬メイショウマシュウで
2点大本線的中。
この2頭は前走ギャラクシーSで共に同枠での1着3着馬。
今年の根岸Sの決着性は、日程変更戦ギャラクシーSが発言権を持つレース
としたが、結果もギャラクシーS1着枠同士決着、1、2着枠決着であった。

そしてシルクロードSは今年は1日→2日目(土曜→日曜)に変更となり、初めて
のWIN5発売戦として施行された。
いろいろな考察から今年まずはWIN5発売戦既勝歴の所持は必須とした。
前走既勝歴3頭は共にWIN5発売戦であったが、淀短距離Sは降雪のため
WIN5の発売は中止となり枠連3-3ゾロ目決着。
淀短距離S覇者で今回1番人気となったアイラブリリは消させていただいた。

今年の覇者にはWIN5発売重賞既勝歴馬が相応しいとして勝つのは
ダッシャーゴーゴーかドリームバレンチノのどちらかとした。
結果はこの2頭による写真判定の結果ドリームバレンチノとなったが、
勿論この2頭での決着も本線配信として東西メインダブル本線的中であった。

今週はきさらぎ賞と東京新聞杯であるが、特にきさらぎ賞は今年別定規定
変更戦として行われ、続行代替京成杯に出走予定であった馬の登録もある。
昨年皐月賞2着馬ワールドエースを出した重要なレース。
今週も完璧な理論にて的中してみせよう!

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

2013.01.28 | 回顧

代替京成杯回顧

多忙につき書き込みが遅れたが、前回の書き込みで京成杯の
出馬再投票を取り上げたので京成杯の簡単な回顧を。

特別登録からやり直し、新たな出走メンバーとなった代替京成杯
であったが、古い出馬表には存在しなかった出走馬は3頭出走。
ワールドレーヴ、ワンダーロード、アポロソニック。

ワールドレーヴとワンダーロードの2頭は其々単枠へ。
残りの1頭アポロソニックのみが古い出馬表には存在しなかった
出走馬として新たなパートナー覇者フェイムゲームと同枠となった。

今度は古い出馬表を見ていただきたい。
その新たなパートナーとして選ばれた覇者フェイムゲームのみが
古い出馬表から居なくなった唯一の同枠馬ラウンドワールドである。

たった12頭しかいない出走馬の中で、唯一古い出馬表から居なくなった
同枠馬ラウンドワールドから、今度は唯一古い出馬表には存在しなかった
新出走馬アポロソニックと同枠となった覇者フェイムゲーム。

これをただの偶然と思うのなら競馬をやめたほうが良いと申し上げておく。


テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

2013.01.25 | 回顧

続行競馬

本日配信予定であった京成杯が降雪のため1月21日(月)に代替施行される
こととなった。
特別登録および出馬投票をやり直しての施行となり、枠順が変更となる。
過去にもこのような事例はあるが、是非代替え前の出馬表を捨てずに
とっておいてもらいたい。
そして新たに発表された出馬表と古い出馬表を照らし合わせ、まずは
動いた馬動かない馬の有無。
起用されるべき戦歴所持馬は枠ごとの構成となっている。
所謂、枠単位での考察が必要不可欠なのは今さら言うまでもないが、
覇者への条件、また連対許可にはこの枠単位で持つ戦歴的な意味は
重要となってくる。
反対に同枠となったパートナーの戦歴いかんでは覇者とは成れないという
ことである。

そして今回は出馬投票だけではなく、特別登録からやり直しということと
なり、出走頭数変更となる可能性が高いだろう。
前回15頭とフルゲート割れが登録時から決まっていた代替え前京成杯。
本日の登録馬はフルゲート16頭に対して23頭が登録。

11頭立てで行われるはずであった京成杯。
果たしてフルゲートで行われる代替京成杯となるのであろうか?
そして古い出馬表には存在しなかった出走馬の発言権は?

いずれにせよ、今週はその代替京成杯の配信を含めて4重賞配信となる。
土曜は1週繰上げとなった京都牝馬S、日曜は中京ダ2300m→京都ダ1900m
→今年中京ダ1800mと変更を経て、別定規定変更戦となる東海テレビ杯
東海Sと注目は昨年唯一の賞金据置戦AJCC杯。
昨年の覇者ルーラーシップのその後の役割(海外G1戦1着、宝塚2着、
全戦馬券対象→引退)は2012年AJCC杯馬という称号が無ければ決して
成し得ない戦歴的指標であった。(昨年馬単本線的中)

2013.01.14 | 未分類

金杯・シンザン記念結果


中山金杯は昨年(9月→12月) 2000m別定戦→1800mハンデ戦へと大きく動いた
朝日チャレンジC2着馬アドマイヤタイシとタッチミーノットで馬連本線的中。

京都金杯もその朝日チャレンジC覇者ショウリュウムーン同枠◎ダノンシャーク。
中山でアドマイヤタイシが連対起用された場合はショウリュウムーンの発言権
は薄れるとした。

そしてシンザン記念は9番人気◎ヘミングウェイ。

惜しくもエーシントップに敗れたが、今年の別定規定変更を象徴する
収得賞金1900万=発言権馬ザラストロ。

ただし戦歴的にそのザラストロの直接起用はせず、同枠◎ヘミングウェイ。
昨年不在であった増量馬2頭の枠での決着となった。

新年第一戦から理論証左できスタートはまずまずである。

さて今週は正月の変則三日間開催。
例年荒れる傾向にある変則開催であるが、三日間すべての重賞で何らかの
変更がなされている。
特に別定規定変更戦の3歳戦は変更第1戦目となったシンザン記念同様の
決着性を求めるほど甘くはないだろう。

いずれにせよ、すべて日本ダービーに集約される3歳春季番組となる今年の
春季は非常に面白且つ重要な春季番組となるであろう。
メモリアルダービーに相応しい"今世紀最大の大勝負"に向けて今週も勝負!

■2013年春期重賞限定会員募集

1月12日 フェアリーS
1月13日 日経新春杯
1月14日 京成杯
   ↓
1月19日 京都牝馬S
1月20日 アメリカJCC
1月20日 東海S
   ↓
1月27日 根岸S
1月27日 シルクロードS
    ↓
2月03日 東京新聞杯
2月03日 きさらぎ賞

◇2013年重賞限定会員◇(登録週から4週単位)

フェアリーS~きさらぎ賞まで4週分配信

◇2013年重賞全レース会員(3ヶ月会員)◇

フェアリーS~阪神大賞典まで全重賞レース(30戦)配信

詳細は覇者への戦歴ホームページをご覧ください。
振込先や質問等はメールにて。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

2013.01.09 | 回顧

《謹賀新年》 金杯

新年あけましておめでとうございます。
本年も覇者への戦歴を宜しくお願い申し上げます。

今年は東西金杯が土曜施行の為、開幕週から3重賞配信のスタート。
次週も3日間開催で前年比2日間増となった今年の春季番組表。

有馬記念的中に続き金杯も的中し、最後と最初を繋げたい。

《謹賀新年》 一年の計は金杯にあり!

2013.01.02 | 未分類

«  | ホーム |  »

オフィシャルホームページ

覇者への戦歴

メルマガ登録

info@hasya.lar.jpから受信できるように設定して下さい。

メルマガ登録

登録

削除

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンクバナー

にほんブログ村 競馬ブログへ





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR