令和元年 有馬記念回顧


『有馬記念』 覇者指名 単勝◎リスグラシュー
◎リスグラシュー→〇サートゥルナーリア 馬単6,130円大本線的中!

2019122201.jpg 2019122202.jpg

◎リスグラシュー→〇サートゥルナーリア→△ワールドプレミア
3連単57,860円的中者多数!

2019122205.jpg


令和最初の記念すべき有馬記念

決めていた大勝負は時代の再現性としての
自信の覇者指名馬◎リスグラシューによる
同一年度令和元年グランプリ春秋制覇であった。

考察通り見事に歴史の再現性を魅せてくれた今年の有馬記念

平成最後の昨年の有馬記念に続き令和最初の有馬記念も
大的中を収め、また春のグランプリ宝塚記念も
今年大的中
(◎リスグラシュー〇キセキ△スワーヴリチャード)

時代を跨いだグランプリ完全制覇を達成した。

今回は特別回顧として配信内容の一部を抜粋しながらの
有馬記念回顧としたい。

『1989年』平成元年

[天皇賞春]
1着イナリワン
2着ミスターシクレノン

[天皇賞秋]
1着スーパークリーク
2着オグリキャップ

[有馬記念]
1着イナリワン (天皇賞春秋1着 ※宝塚記念1着)
2着スーパークリーク (天皇賞秋1着)

平成最初1989年の決着性は天皇賞春馬と秋馬での決着
(イナリワンによる同一年度グランプリ春秋制覇であった)

天皇即位により平成と令和が混在する今年

その平成と令和が混在する今年の有馬記念に
「平成最後の天皇賞馬」フィエールマン
「令和最初の天皇賞馬」アーモンドアイ
2頭が揃って出走してきた意味は重要である。

グレード制導入以降の有馬記念史上でたった1度限り
許可された春秋天皇賞馬同士による決着

それは言うまでも無く元号改正年=平成元年による決着

この歴史の再現性を楽しみに枠順抽選ゲームを拝見した。
フィエールマンが誰と組むのか?アーモンドアイが誰と組むか?

そして予定通りの抽選ゲームにより

天皇賞春馬フィエールマン同枠には予定通り宝塚記念馬
であるリスグラシューが組まれ、平成最初の有馬記念覇者
イナリワンが所持する天皇賞春1着歴と宝塚記念1着歴を
見事に完成させた3枠
リスグラシューは同枠[対角]に宝塚記念2着馬キセキを配した。

天皇賞秋馬アーモンドアイは予定通り天皇賞秋2着同枠馬
サートゥルナーリアと組まれ、同枠[対角]にダービー馬
を配した。

3歳皐月賞馬サートゥルナーリアは3歳菊花賞馬
ワールドプレミアを同枠[対角]に配した。

そして戦歴的欠如馬=アーモンドアイについて

ジェンティルドンナに倣い許可されるG1はあと一つ

ご存知そのジェンティルドンナは7勝目(国内6勝目)を
5歳有馬記念に選び引退

アーモンドアイはこの有馬記念を制すると必然的に
引退ということになるが、ただしクラブ規定による
引退時期は5歳末まで現役との規定となっている。

来年も走るのであればこの有馬記念では覇者と
成れないのは必然であろう。
そのことも踏まえアーモンドアイが負ける有馬記念
を考えなければならない。と事前考察でも配信した。

そして結論として、

平成と令和が混在する今年の総決算である有馬記念

時代は平成から令和へ

それに合わせ出走してきた2頭の天皇賞覇者

平成最後の天皇賞馬枠[3枠]→令和最初の天皇賞馬枠[5枠]

今年の有馬記念は天皇賞春馬を同枠に配した
宝塚記念覇者◎リスグラシューによる平成元年同様、
令和元年宝塚記念覇者による同一年度令和元年グランプリ
春秋制覇を狙ってみたい。

『時代の橋渡し使命騎手ダミアン・レーン』

【レーン騎手 全重賞既勝歴】

・ 4月27日【平成最終3日間開催】初来日騎乗
・ 4月29日【平成最終重賞戦】新潟大賞典1着
・ 5月11日【令和最初古馬重賞】京王杯スプリングC1着
・ 5月12日【令和最初の古馬G1】ヴィクトリアマイル1着
・ 5月26日【ダービー最終戦】目黒記念1着
・ 6月01日【新番組最初の重賞】鳴尾記念1着
・ 6月23日【令和最初のグランプリ春G1最終戦】宝塚記念1着
・12月22日【令和最初のグランプリ秋G1最終戦】有馬記念1着

時代の橋渡し騎手に指名され来日したダミアン・レーン騎手
ご覧の通り、時代を跨ぐ節目重賞を全て制覇した。
逆に節目以外の重賞は許可されなかったということである。

平成から令和へ時代の移り変わりを任せられた
「時代の橋渡し使命騎手ダミアン・レーン」特別騎乗による
【令和最初の宝塚記念→令和最初の有馬記念】制覇へ
そして来年に足跡を残さず引退へ

覇者指名◎リスグラシュー

相手にも〇サートゥルナーリアを第一大本線馬として指名し
押さえに△ワールドプレミア

◎リスグラシュー〇サートゥルナーリア△ワールドプレミア

印通りの着順で決着し、3連単的中含めた多数の報告を受け、
配当も馬単6,130円、3連単57,860円というアーモンドアイの
敗退による高配当により、配当的妙味も満足のいく結果。

会員の方々から多くの的中報告やお礼のご連絡を頂き、
感無量の令和元年有馬記念であった。

勿論、時代の橋渡し使命騎手ダミアン・レーンによる
特別騎乗が必須であったことは言うまでもない。

歴史の再現性=競馬はオペレートされている。

それを事前に解析出来れば大きな見返りが待っているのである。


今週は今年最後のホープフルS

来年のホープフルSは有馬記念前日に移動となり、
現設計最後のホープフルSとして行われる。

予定通り、今年最後を飾る大勝負とする!


【ホープフルS無料配信 2020年春期重賞会員募集】

昨年は◎サートゥルナーリア相手選び戦 馬単的中!

http://hasya12.blog.fc2.com/blog-entry-460.html


★今秋G1戦11戦10勝!

第一弾『スプリンターズS』馬単2,040円的中!
第二弾『秋華賞』馬連2,180円的中!
第三弾『菊花賞』枠連的中!
第四弾『天皇賞秋』馬単1,170円的中!
第五弾『エリザベス女王杯』馬連3,380円的中!
第六弾『マイルCS』馬連◎〇本線的中!
第八弾『チャンピオンズカップ』馬連的中!
第九弾『阪神JF』枠連指定的中!
第十弾『朝日杯FS』馬単◎〇本線的中!
第十一弾『有馬記念』馬単6,130円本線的中!
 
【最新的中結果は下記からご覧下さい】
 にほんブログ村 競馬ブログへ


入会についてのお問い合わせはメールにてお問い合わせください。


2019.12.23 | 未分類

«  | ホーム |  »

オフィシャルホームページ

覇者への戦歴

メルマガ登録

info@hasya.lar.jpから受信できるように設定して下さい。

メルマガ登録

登録

削除

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンクバナー

にほんブログ村 競馬ブログへ





ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR